アニメキャラ伏見稲荷に登場

コミック誌連載中のよしだもろへ作『いなり、こんこん、恋いろは。』は、京都市伏見区を舞台に、ふとしたことで神から変身能力を授かった少女が、それを通じて恋愛や友情を経験していく姿を描くというもので今月になってテレビ放映もされるようになった。

 

このアニメ、舞台が伏見であることから製作に伏見稲荷大社伏見区役所深草支所が協力しており見る人が見れば実在のポイントがいろいろ出てくるという。そればかりでなく登場人物の名前に京阪電気鉄道の駅名をもじったものが登場し、主人公の名前はそのものズバリ伏見いなりである。こうしたことから京阪は、同作品とのコラボ企画でキャラクターヘッドマークの掲出などを行っているが、このたび伏見稲荷駅墨染駅にキャラクターパネルが設置された。

 

イメージ 1

二つの駅のキャラクターを合わせて示す。左側が伏見稲荷駅にある「伏見いなり」、右側が墨染駅にある「墨染朱美」


イメージ 2
 
伏見稲荷駅では下りホーム中央 臨時出口の柵に設置。反対ホームからの撮影。

 

イメージ 3
 
墨染駅は下りホーム改札口付近に設置されている。反対ホームからの撮影。
いずれ丹波橋駅三条駅etc.にも設置されるかも

 

大津線の「ちはやふる」の前例もあることだし人気の推移によってはキャラ満載のラッピングトレイン登場もあるかも…

 

2014.1.26撮