蔵出し写真・1972年野上電鉄ストライキ!

イメージ 1

イメージ 2

新快速で和歌山まで行ってそこからもう少し足を伸ばして海南まで行った。和歌山から先紀勢本線は未電化でDLの引く旧型客車の普通列車だった。あいにくその写真は撮っていない。海南といえば野上電鉄。新快速ともう一つの目的はこの鉄道への初乗りだった。国鉄駅を下りて踏み切りを渡って日方駅へ向かう。駅前に来たがどうも様子がおかしい。赤い旗が立って人気がない。駅舎に近づき張り紙を見ると「スト決行中!」…、時は春闘のころ。全共闘時代の余韻が残ってこのころはどこでも組合活動が強く鉄道はその中でも先鋭的であった。中小私鉄でもしっかりやっていた。困るのはTVのニュースで今日はどこの鉄道がストライキですと知らせてはいるのだが住んでいるところで和歌山の小さな鉄道の情報などは細かには知ることが出来なかった。行って初めて分かった次第。遠いところをやってきたのにトホホ…。

 

せめて停まっている電車だけでも撮っておこうと構内に入った。職員は誰もおらずホーム内に入ることはできた。ライトブルーの古い車体の電車が数台あった。そこへDCだった特急くろしおが走っていった。全く乗ることができずその場をあとにした。1972年3.26撮
初乗りがかなうのはその12年後だった。そのときには電車の色が変わっていたが電車そのものは同じ物を使っていた。1984年初乗りのときの記事はこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/d19756236/16646304.html
見比べてください