お土産は

イメージ 1

イメージ 2

日本の屋根を縦断した旅も新所原天竜浜名湖鉄道を降りあとはJRで帰途につくだけ。終りに近づいたのだが気楽な旅であちこち降り立ったけど土産は何も買ってない。道中で手荷物が増えると身動きがとりにくいもので。さあ家族に何か買わなくては。

そこで以前kobyakawaさんがブログ記事で紹介されていたヤマサ製品ののちくわ電車詰め合わせセットのことを思い出して豊橋で降りて捜すことにした。まあ駅中でそれを買えば済むことなのだけど駅前を少しブラブラしたい気持ちもあったので丸栄まで歩いて地下売り場へ行って見た。階段を下りて近くにヤマサの売り場があってその箱も並べてあった。何も迷わず「これ下さい!」と指差して買った。2940円也。

家へ帰って開けてみて食べる前に撮影。これだけのものが入っていた。日常こういう揚げ物をまとめて買うのはおでんの具を買うときくらいで、お土産でバラのままこれだけ買おうとは思わない。この箱に入っているということで思わず買ってしまったのだから箱の効用は大きいものだ。で、これだけ材料があるから翌日おでんにしようと最初思っていた。しかしちくわを1本生で食べてその舌ざわりのよさにびっくり! これは煮込んでしまってはもったいないと思い直した。どれもそのまま食べるのが美味しい。家族にも好評でその週のうちに食べきってしまった。大正解の土産であった。

空いた箱は現在鉄道模型の部品箱に使っている。
2008.1.14撮